すみやかに痩せ始める 褐色脂肪細胞を増やす方法 寒冷刺して脂肪を燃やす。脂肪燃焼 褐色脂肪細胞背中クールタイまとめ 
  
 恒常性の体熱調整で交感神経が反応して脂肪燃焼します。
 
 T O P
脂肪を燃やす画期的な 寒冷刺激ダイエット
基礎代謝を高め 痩せやすい体質に
「背中クールタイ」と 褐色脂肪細胞の出会い
参考文献と 魔法の「背中クールタイ」
衣服内気候を変えた 比較実験グラフを公開
褐色脂肪細胞を 増やす方法
細胞を知って食事 イキイキ過ごせる方法

責任者 佐藤重人

夏、エアコンに頼らない
爽やかで健康な家づくり
をしております。
健康な体づくりを目的
ではじめた軽い運動
をしていて背中の汗で
悩みました。散歩中に
何とかしようと考え始め
爽やかになる工法を
ヒントに背中クールタイ
作りました。汗の悩み
を解消して偶然に背中
にある褐色脂肪細胞と
出合い脂肪を燃焼する
ことも確認しております。


 
褐色脂肪細胞を増やす方法を集めて見ると?

脂肪を燃焼するのには褐色脂肪細胞を増やすことがダイエットへの近道です。
そこで褐色脂肪細胞を増やす方法をネットで集め、まとめて見ました。

残念ながら褐色脂肪細胞を活性化する寒冷刺激の人体実験はトップページで
紹介したようにアメリカ、オーストラリアからの情報です。
日本の研究機関では動物実験での情報です。

「褐色脂肪細胞を活性化する」でリンクするとネットで調べられます。
4例抜粋して見ました。それに
花王健康科学研究会 http://www.kao.co.jp/rd/healthcare/activity/healthcare49_03.html
マイライフ手帳@ニュース http://www.mylifenote.net/014/130327_9.html
にも褐色脂肪細胞の研究が見られますので参考にしてください。

そして、着けるだけの脂肪を燃やす「背中クールタイ」と比較して見てください。

参考文献 ダイエットで痩せる方法とコツ
寒冷刺激が褐色脂肪細胞を活性化

褐色脂肪細胞は前述したように、寒い環境下で活性化します。
ですから、できるだけ暖房を使わずに、(風邪をひかない程度に)少しだけ寒い状況を
作り出せば、褐色脂肪細胞が活性化します。細胞を増やして、体温を上げようと働き
出すのです。これは人体に備わった恒常性によるのでしたね。

また、褐色脂肪細胞が密集している後頭部や背中の上部に、直接冷たいシャワーをかけて
刺激することも有効です。

あるいは、18度以下の水温で水泳をするとも効果があります。スキューバダイビング
なんてのも面白そうですね。
シンクロナイズドスイミングの選手は、1日に6000kcalも摂取しているといいます。それは
褐色脂肪細胞が活性化しすぎて、それだけたくさん食べないと空腹になってしまうからです。

水中では多くの熱が奪われるため、体温を維持しようと恒常性のスイッチが入ります。
つねに褐色脂肪細胞が熱を生み出すために、膨大な消費カロリーとなる
わけですね。ですから水泳は、ダイエットの運動法として、とても効果的です。速めに
泳げば筋トレのように無酸素運動になります。成長ホルモンが分泌されたところで、
ゆっくり泳いで有酸素運動をすれば、脂肪をすぐにでも燃やしていけます。
しかも、その間ずっと褐色脂肪細胞が活性化されて、あなたの余分な白色脂肪細胞を
燃やし続けてくれるのです。ただし温水プールではなく、冷たい水である必要はありますが・・・。

そのほか手のひらを冷やすだけでも、褐色脂肪細胞は活性化します。
プールに行く時間がないという人は、こちらのほうが簡単です。手には、冷点
という温度を感じるセンサーが密集しているからです。

・・・・・・ 、よりいっそうの効果を期待できます。


参考文献 美肌マニア
褐色脂肪細胞を活性化する方法
ヒートショックプロテインを利用する

体に熱を与えると、ヒートショックプロテイン(HSP)が増えます。これが褐色脂肪細胞の
活性化に有効。
熱めのシャワーを肩甲骨付近に30秒程かけたり、温かいお湯と水を交互に浴びる、
温水法が効果的です。

毎日ストレッチを行う

ストレッチといっても難しいことをするわけではなく、肩を回すだけでもOK。
常に褐色脂肪細胞を刺激することを意識してみてください。姿勢を正しくする

姿勢が悪くなると肩が前方に丸くなり、血行が悪くなります。肩甲骨付近も固まり、
褐色脂肪細胞がうまく働いてくれません。
反対にいえば、正しい姿勢にするだけで、褐色脂肪細胞が活性化し痩せ体質になる
ということです!

冷え症を改善する

低体温や冷え症は、体の不調をもたらすだけではなく、褐色脂肪細胞の働きを鈍くします。
体を温める食事や、普段から冷やさない工夫をして、褐色脂肪細胞を活性化しましょう!


参考文献 コウヅ式体質改善ダイエット
脂肪細胞を活性化させる3つの方法

■褐色脂肪細胞を活性化させる3つの方法 
1 水を凍らせたペットボトルを用意して、首をコロコロ、 脇をコロコロとマッサージする。 
2 冷タオルで、首 、脇、肩甲骨を冷やす。 
3 冷シャワーを浴びる(腕・首を各30 秒)

参考文献 女性の美学 褐色脂肪細胞を活性化する3つの方法!
水泳は場所と時間で長続きせず、効果を得ることができません。
今回は自宅でも簡単にできる褐色脂肪細胞を活発化させる3つの方法を紹介します


その1.シャワーを使って温冷浴をする
褐色脂肪細胞は体温をある一定温度に保つため、蓄えたエネルギーを燃やして
熱を作り出すという特性があります。
これを活かしたのが「温冷浴」です。方法はとても簡単で、毎日の入浴の時に行います。
  1. 次に同じ部分に40℃のお湯を30秒かける
  2. 1と2を5回程度繰り返す

  方法はたったこれだけです。
「温」と「冷」を交互に行うことで褐色脂肪細胞のスイッチが入り、体温を下げないようにと
褐色脂肪細胞が活性化し始めます。

その2.肩甲骨ストレッチを行う
その3.バランスの良い食事を取るよう心がける



以上4例ほど褐色脂肪細胞を増やす(活性化する)方法を紹介しました。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激するメカニズムがわかっていても冷たい思いや、寒い環境で
強いるのですから二の足を踏みます。
中には褐色脂肪細胞が肩甲骨周りにあることからマッサージやストレッチといった
論理の飛躍とも思われるものまでネット上で見られます。


容易に褐色脂肪細胞を増やす方法がないのが現状です。

「参考文献と魔法の背中クールタイ」に紹介しました内容の
体温調節の神経回路・・・褐色脂肪細胞が体温維持のために熱を産生する。と
褐色脂肪細胞・・新たなメカニズムを発見・・・交感神経が4℃(マウス常温23度)から活性化する。
の論文と比較実験の痩身差と外気温度をまとめたのが下の表です。
外気温度が低いほど熱産生して交感神経が活性化していることが
痩身差に表れており読み取れます。
寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須・・・寒冷刺激で
熱産生は急速に始まる。
ことも40分間の軽い運動に寒さを感じさせ痩身差が前後であらわれているのも証左です。



比較実験ですから背中に寒さを感じさせた日背中に寒さを感じさせない日との差です。

有酸素運動するときに背中クールタイを着けると40分の間に痩身差48.2g~162.7gが
すみやかに脂肪を燃やして熱に変えます。

医療器具でもなく恒常性の体熱調節を促す「健康グッズ」背中クールタイは
寒さを感じさせて褐色脂肪細胞を増やしていると推察します。


「背中クールタイ」は背中に寒さを感じ褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を増やします。

ややきつめの有酸素運動・・・・しんどいがスイッチオンして増える
寒中水泳・サウナ後・・・背中の褐色脂肪細胞を寒冷刺激する
背筋を伸ばす、片足立地をする・・・着けると姿勢がよくなる


日本医科大学太田教授と佐藤

太田教授の論文をヒントに完成した背中クールタイです。


  サイトポリシー