すみやかに痩せ始めます。褐色脂肪細胞の参考文献と魔法の「背中クールタイ」 背中クールタイのまとめ研究室 
  
 恒常性の体熱調整で交感神経が反応して脂肪燃焼します。

 T O P
脂肪を燃やす画期的な 寒冷刺激ダイエット
基礎代謝を高め 痩せやすい体質に
「背中クールタイ」と 褐色脂肪細胞の出会い
参考文献と 魔法の「背中クールタイ」
比較実験グラフを公開 痩せるのが見える
褐色脂肪細胞を 増やす方法


 責任者 佐藤重人
夏、エアコンに頼らない
爽やかで健康な家づくり
をしております。
健康な体づくりを目的
ではじめた軽い運動
をしていて背中の汗で
悩みました。散歩中に
何とかしようと考え始め
爽やかになる工法を
ヒントに背中クールタイ
を作りました。汗の悩み
を解消して偶然に背中
にある褐色脂肪細胞と
出合い脂肪を燃焼する
ことも確認しております。
 
 
参考文献と魔法の「背中クールタイ」
 
汗の悩みを解消しようと考案して商品化した背中クールタイですが偶然にも背中にある
褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を燃やすことを発見してしまいました。
科学的根拠が無ければ受け入れ難い世の中ですが、人間には生まれながらにして持って
いる治癒力、恒常性の体熱調整をすることで生きてきました。その体熱調整を促し効果が
出ます。

基礎代謝は夏より冬のほうが消費カロリーが多いのは体熱を作るのに脂肪を燃やして
いるのは学者をはじめ周知の事実です。
マウス実験をヒントに私が褐色脂肪細胞のある部位背中を寒冷刺激して脂肪が燃えて
痩身差を確認(痩せたと推察)したのも科学的根拠がないけど事実です。
脂肪を燃焼して体を温めれば基礎代謝が高まり痩せやすい体質になるという予期せぬ
現象に出合い体に良いことがいろいろ分かってきました。
サプリメントとの大きな違いは着けて背中の寒さを感じて交感神経が反応して30分の
運動後に効果が即実感できることです。

ヒポクラテスは「自然こそが最良の医者である」という方法論を提示した。つまり、
医者の主たる役割というのは身体が持つ自然に治癒しようとする性質をたすけること
なのであり、医者は身体の働きを観察し、治癒的な性質の妨げになっているものを
取り除くことによって、結果として身体はそれ自体で健康を取り戻す、と述べています。
現在西洋医学でも医薬品の処方や手術を行うが最後は、十分な休養をとり、生命力を
高めて治癒力を働くようにしてやることで治癒しているのである。と述べています

参考文献Wikipedia自然治癒力より

健康寿命を伸ばす活動に取り組んでおり、下記の参考文献と魔法の「背中クール
タイ」の関係をまとめて見ました。
考案した背中クールタイですが環境下に置いて衣服を纏って温度の安定している
背中に冷気を入れることで体を温めようと交感神経が反応して脂肪を燃焼することで
寄与できると思っています。
全く新しい発想の褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化する方法です。


アメリカからの研究
「少し肌が見える方が太りにくい」
出典 https://www.youtube.com/ ご覧ください。
 ホンマでっか! TV 2011 05
 
オーストラリアからの研究
10分~15分寒さを我慢すると1時間のエキササイズと同じ効果!
シドニー大学ポール・リー先生
身体が震えるほどの寒さを経験すると身体中の筋肉からアイリスインというホルモンを
分泌し、褐色脂肪細胞からFGF21というホルモンが分泌する。これらのホルモンが
白色脂肪細胞(貯まる脂肪)
に刺激して、脂肪燃焼作用のある褐色脂肪を
作り出すのだそうです。

出典 Irisin and FGF21 Are Cold-Induced Endocrine Activators of Brown Fat Function in Humans: Cell Metabolism

「背中クールタイ」は震える寒さでなく衣服を着てピンポイントで脊髄の周りにある
褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を燃やすことを比較実験の痩身差から確認しています。
痩せるだけでなく生活習慣病など様々な病気の予防につながることが医学書に
書かれています。

健康寿命を伸ばすのに役に立つ背中クールタイ 

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須

東京大学先端科学技術研センター

私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。
例えば、体が寒冷環境に置かれると、中枢でこれを感知し、交感神経からの
刺激によって、熱産生を専門に行う褐色脂肪組織で迅速に熱が産生され、
低体温になることを防ぐ。
同研究グループはこれまで、核内で遺伝子DNAのメチル基を除去するJMJD1A
タンパク質を欠損したマウスが低体温に陥ることを明らかにしていたが、その
仕組みは分かっていなかった。
同研究ではまず、質量分析解析から、交感神経から寒冷刺激を受けた核内の
タンパク質「JMJD1A」の265番目のセリン残基がリン酸化されることを発見した。
このアミノ酸をアラニンに置換し、リン酸化されない変異体JMJD1Aを褐色脂肪細胞に
発現させると、寒冷刺激で誘導される熱産生遺伝子群の発現誘導が著しく低下し、
褐色脂肪細胞での熱産生が低下した。
さらに、質量分析解析から、このリン酸化が引き金となって、「遺伝子の高次構造を
変化させる複数のタンパク質群(SWI/SNF)」や「褐色脂肪細胞の機能に重要な
核内受容体(PPARγ)」と複合体を形成することが分かった。この複合体が、
「長距離DNAルーピング」と呼ばれる遺伝子の高次構造変化を起こすことで、
。熱産生・エネルギー消費を制御していることが分かった
これら一連の変化は、
数分から十数分の速さで起こり、熱産性に関わる遺伝子の
発現を急速に促すという
同研究成果は、JMJD1Aタンパク質を標的とした、
低体温症や熱産生・エネルギー消費が低下して起こる肥満のための新規治療法や
予防法にもつながるとしている。
(東京大学先端科学技術研究センター代謝医学分野の酒井寿郎教授、稲垣
毅特任准教授、阿部陽平特任研究員らの研究グループによるもの。2015年5月
15日発表
)なお、同研究は、2015年5月7日に国際科学誌「Nature
Communications」オンライン版に掲載された。

熱産生を専門に行う褐色脂肪組織で迅速に熱が産生される高次構造変化が
数分から十数分の速さで起こるのであるから、背中クールタイを着けて寒冷
刺激すると効果は期待できます。運動時に着けて体が温まるまで20分~30分を
推奨しているのです。

 

脳科学が証明したボケない秘訣

瀧靖之 東北大学加齢医学研究所教授 文芸春秋

睡眠、運動、趣味・・・・・認知症は予防できる時代に
「将来認知症になる確率の高い脳」が画像上の変化でわかる可能性が出てきた
ようです。
全世代の脳全体を見てきた医師が脳の一生をトータルな視点で研究されています。
脳はどのように「老化」するのでしょう。
生後数か月から1~2歳頃までに、脳の後ろ側にある、物を見る機能を持つ
「後頭葉」と、音を聞く機能のある「側頭葉」の発達が始まります。人間にとって最も
基礎的な機能を持つ部分がある程度発達すると、運動機能からコミュニケ―ションなど、
人間らしい高度な機能を担う「前頭葉」が成長してきます。こうして一人前の脳として
完成するのは12歳前後の思春期を過ぎたあたりのころ。
ところが、せっかく完成した脳は、いつまでも完成形を留めておくことをしません。
できたそばから老化が始まるのです。
脳の老化は「萎縮」という言葉で表現されます。若い人の詰まった脳が最も成熟した
時期で老化が進むにつれて萎縮し、隙間の面積が次第に増えていきます。
成長とは逆に前頭葉から萎縮が始まり徐々に後方へと進んでいき、側頭葉を経て
最後は後頭葉まで隙間の割合が大きくなっていくのです。
この「萎縮の個人差」こそが将来の認知症になるリスクの大小を見分ける
決め手ということができるのです。
認知症に限らず、病気の予防は三段階で、健康なうちから対策を講じることで
発病そのものを未然に防ぐ「一次予防」、早期発見の「二次予防」、病気を
進行させない「三次予防」です。が認知症は「一次予防」の実現が健康寿命に
成り立つのです。
「質の高い睡眠」・・・睡眠により脳細胞の間を流れている脳脊髄液が
老廃物(アミロイドベータという
たんぱく質)を洗い流します。
「食事」・・・バランスのよい食事で地中海料理と日本料理が注目されています。
脳の栄養になるのはブドウ糖ですから「低糖質」は脳の健康という面では「オス
スメしにくい」というのが実情です。ご飯やパンを食べなければ脳の働きに
影響が出ます。
「メタポリックシンドローム」・・・脳を委縮させるのが研究で分かっています。
特に男性は注意が必要です。
肥満の度合い「BMI」の高い人も脳萎縮が見られるので認知機能を低下させる
可能性もある、という指摘もあるようです。言い換えれば、生活習慣病を見直して
メタポを防ぐことができれば、脳の委縮を遅らせることは可能なのだそうです。
脳にいい三つの取り組み
一つ目は「運動」で適度な運動で「少し息が切れる程度の歩行」を「毎日30分
以上」行うことで認知症のリスクを下げることが可能とされています。
もう一つは「趣味や知的好奇心を持つこと」で自分から持つことで積極的に
勉強するので、必然的に脳を使う時間が増え脳を刺激します。興味のあることに
熱中すれば何でも構いません。ストレス解消になります。出来れば仲間を伴う趣味
のが効果的のようです。お勧めの趣味は「旅行」と「料理」で旅行は計画、実施、
回顧の三段階で計画に頭を使うことです。「料理」は冷蔵庫を開けて中を見て、
「今あるもので何が作れるのか)と考えることです。

背中クールタイは適度の運動に着けるだけでミトコンドリアを燃焼工場に仕立て
溜まる脂肪を熱に変え燃やすことでメタポ対策に効果が期待できます。



腰痛、毎日3秒で苦痛から解放
 
松平浩 東京大学医学部付属病院特任教授 文芸春秋


健康寿命の大きな壁になっている腰痛の治療法に、いま大きな変化が
起こっている。
NHKスペシャル「腰痛・治療革命」にも出演して反響を呼びました。
腰痛は長らく日本人を悩ませ続けてきました。実は、レントゲンやMRIなどで
原因が特定できる腰痛は、椎間板ヘルニア骨折、がんによるものなどわずか15%に
すぎません。残り85%は原因の特定が難しい「非特異的腰痛」だと言われています。
原因がはっきりした腰痛は、治療法が確立されており、専門医に画像などによる
診断を仰ぎ、適切に治療を受けることが大切になります。
しかし、ぎっくり腰に代表される非特異的腰痛は、現在の画像検査では明確な
原因を見極めきれないため、医師も対処が難しいと言うのが実情でした。
マッサージ、コルセットを巻くなど理論的裏付けが乏しい治療法が蔓延していました。
薬、やブロック注射、最終手段としての手術を駆使して、痛みを和らげようと
してきました。ですが腰痛を追及すればするほど実態がわからなくなり迷路に
入り込んでしまいました。
そんな時に出合ったのが「非特異的腰痛のためのヨーロピアン・ガイドライン」という
世界的に有名な指針でした。これまで腰痛になったら<安静にする><動かさ
ない>という対処が一般的でしたが、グローバルでは、適度な運動と、認知行動療法
という腰痛や腰を動かすことへの不安や恐怖を克服する治療こそが大切だと
書かれていました。これまでの常識を覆す記述に、医師として“腰痛の森”で迷子に
なっていた私は目から鱗でした。
つらいぎっくり腰であっても「三日以上はベットでの安静を指示すべきでない」、
鎮痛剤を短期間だけ服用しつつ可能な限り動いたほうが、予後がよく、スムーズに
回復が望めるというのが常識になりました。
こういった新常識を踏まえ、私が腰痛の方に推奨しているのは、誰にでも
簡単にできる「これだけ体操」と「良い姿勢での早歩き」です。

これだけで腰痛が治る姿勢を良くする背中クールタイ

「これだけ体操」は極端に言えば<身体を後ろへ反らす>だけ。の簡単な動作です。
足を肩幅よりやや広めに立ち、手の平をお尻にあて、息を吐きながら骨盤を前へ
しっかり押し込んで腰を反せていきます。そして「痛気持ちいい」 状態で3秒間キープ。
これだけです。
腰痛予防を目的とする場合は一日に1~2回、慢性腰痛の治療として1セット
10回が目安です。
注意点は親指を腰にかけることで腰の上の方を部分的にそらさないこと。そして
アゴを軽く引いた状態を保ち、膝をなるべく曲げないことを意識して見てください。
もし太ももより下の部位に痛み響く場合は、神経が刺激されているサインであり、
脊柱管狭窄症の可能性があるので体操は中止してください。
腰痛持ちからの脱却するためには医師や接骨医に依存しないセルフケアが
重要です。
私が推奨するのが「良い姿勢での早歩き」です・
良い姿勢とは、足の裏に体重を預けつつ、頭頂部を糸でつられているイメージで
力みなく立つこと。
この時に背骨が自然S字を描き、これを“美ポジ”と呼んでいます。この姿勢で
早歩きのペースの目安は、時速5km、横にいる人とギリギリ会話ができるくらいの
スピードです。
腰痛からの解放は健康長寿の為に欠かせない要素です。慢性的な痛みに
悩まされている人はこれだけ体操と美ポジを意識して早歩きから初めて見てください。

背中クールタイは美ポジの早歩きにヒットして夏は煙突効果で背中の熱溜まりを
排出して身体を冷まし、冬はヒートテックの汗の悩みを解消、さらには褐色脂肪細胞を
寒冷刺激をして活性化して脂肪を燃やしてくれます。


しわ、 シナモンが若い肌を保つ

高倉伸行大阪大学微生物病研究所教授 文芸春秋
 
「人は血管とともに老いる」これは19世紀、カナダの医学者であるウィリアム・
オスラーが残した言葉です。彼の言う通り、肌の老化も血管、特に毛細血管の減少が
大きく関係していると考えられています。毛細血管は全血管の99%を占め、体内の
細胞に栄養素や酸素を送り届ける役目を持っていますが、年齢を重ねるごとに
減っていきます。特に40代半ばから急激に減り始め、80代になるまでに4割も減る
と言われています。
毛細血管が減るとどうなるか。細胞に栄養素や酸素が届かなくなり、働きが
低下します。その影響を受けるのが肌なのです。
ではなぜ歳を取ると毛細血管が減ってしまうのでしょうか。

毛細血管は内側にある内皮細胞と、外側の壁細胞の2つの層で出来ています。
内皮細胞だけだと血管に隙間ができ、血管内の栄養分や水分が必要以上に漏れ出て
しまうので、外側の壁細胞がそれを覆って安定した状態を保っています。
抜け毛の原因は毛細血管の減少は、肌に様々な悪影響を及ぼします、。一つには
被皮膚に弾力を与えているコラーゲンを作り出している線維芽細胞が減少します。
これがしわの原因になります。しみも毛細血管が炎症を起こしているところに
生まれやすい。むくみも、毛細血管から漏れ出た水分や老廃物が溜まることに
より発生します。
抜け毛もそうです。毛細血管が消滅して栄養を送れなくなると毛包がつぶれて
しまうからです。
ではどうすれば毛細血管の消滅を防ぐことができるのでしようか。
それ「Tie2]を活性化させ、壁細胞と内皮細胞をしっかりと接着させること。
実はその働きを「アンジオポエチン-1」二変わってシナモンがしてくれます。
最近は運動も血流量を上げるため、毛細血管に良いことがわかってきました。
日ごろから十分な血流があると、細胞がお互いにくっつきあって、血流の
漏れを防ぎ、健康な毛細血管を生み出してくれるのです。
ランニングはもちろん効果的ですが、激しい運動が難しい方は太極拳のように
ゆっくりとした動きでもいいです。

背中クールタイは身体に寒さを負荷することで褐色脂肪細胞を促して体熱を
作るのに脂肪を燃やし体の隅々まで血流をよくします。



疲労、 鳥ムネ肉は最強の食事 
梶本修身 東京疲労・睡眠クリニック院長 文芸春秋 

疲労の原因は、一般的には体内のエネルギーの枯渇と理解されることが
多いのですが、これは間違った認識です。
真の原因は、細胞のサビにあります。肉体的、精神的負荷により、体内で活性
酸素が過剰に発生すると、細胞に参加ストレスがかかり、細胞本来の機能が維持
できなくなる。金属が酸でさびるように細胞がサビた状態になると、私たちは
疲労を感じるのです。
ボクシングやスクワットなど激しい運動をすれば別ですが、ジョギングなどの
有酸素運動やゴルフや水泳では、実は筋肉はほとんどダメージを受けません。
肉体的負荷による細胞のサビは、筋肉や内臓には影響を与えないのです。
では、最も細胞のサビの影響を受けるのは何でしょうか。答えは「脳」であり、
脳の中でも「自律神経の中枢」です。自律神経の中枢は心臓や呼吸器などの
調整をに担うため、24時間休むことなく様々な器官に指令を出し続けています。
この中枢のサビ、つまり機能不全こそが疲労の正体なのです。
ジョギングによる疲労感、単調な作業、デスクワークの疲労、老化の疲労なのです。
老化にはイミダペプチドが効く
文部科学省が主導た抗疲労プロジェクト」では2003年から20億円かけて、
疲労に効果のある食べ物や薬を探してきました。食品メーカーや製薬会社にも
協力してもらい、23種の物質を実験したのですが脳における「酸化ストレス」に
対抗できるものはみつけられませんでした。
そういった中で疲労回復にかなり効果のある「イミダペプチド」が出てきました。
ある食品メーカーが渡り鳥の羽根を動かす筋肉である胸肉に、抗酸化作用の
あるイミダペプチドが大量に含まれていることに気づいていたのです。
イミダペプチドが多く含まれる食品の代表格は鳥の胸肉です。ほかには
マグロやカツオの赤身にも豊富に含まれています。一日当たり200mg(鶏ムネ
肉100g)とるのが有効であり最低二週間ほどで抗酸化効果が表れるようです。
鳥モモ肉は三分の一、牛や豚は四分の一程度です。
サプリメントは「確証マーク」のついた製品を選ぶのが安心でしょう。
侮れないクエン酸
我々の実験ではイミダペプチドには及ばないものの、コエンザイムQ10、
オルニチンも一定の抗酸化作用が認められましたが、ここで強調しておきたいのが
クエン酸です。クエン酸はグレープフルーツっやレモンといった柑橘類、
酢や梅干しなど、“すっぱい”食品に豊富に含まれている有機化合物。昔から
疲労に効くと言われてきました。その効果は侮ってはいけません。

背中クールタイは身体に寒さを負荷することで褐色脂肪細胞を促して
体熱を作るのに脂肪を燃やし体の隅々まで血流を良くします。


 多少血圧が高めの人でも3キロ程度のジョキングや
ウォーキングはお勧めです」

なぜ心臓病予防に運動がいいのかというと、運動だけが唯一、
善玉コレステロールを高める働きを持っているら。
コレステロールには、悪玉(LDL)と善玉(HDL)の二種類が
あり、HDLには血管にこびり付いたLDLをひき剥が不可欠なのです。
天野篤教授
 BUNGEISHUNJU2014,6より 

体温調節の神経回路
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/
ミトコンドリアに興味があり
比較実験の最初のヒントは
体温調節の神経回路でした。
中村和弘教授参照(京都大学→名古屋大学)

ヒトを含めた哺乳動物(恒温動物)では、体温を一定に保つために、体内から環境中へ
の熱の放散を調節し、必要な時には体内で積極的に熱を産生する。・・・ 

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
京都大学・生理学研究所リリースより

脂肪細胞には、いわゆる皮下脂肪や内臓脂肪などの白色脂肪細胞用語1と、褐色脂肪
細胞用語2の2種類が存在します。この2つの脂肪細胞は、同じ脂肪であるにも関わらず
、まるで対照的な特徴を持っています。
 白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。特に寒い環境下では、交感神経用語3
の活動が高まるにつれて褐色脂肪細胞が活性化し、体温が下がりすぎないよう熱を
産生します。・・・ 

脂肪細胞の文化メカニズム 
http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/biochem/gene/research3.html

近年、欧米諸国を中心に肥満が社会問題となっており、日本でも肥満者の割合が年々
増えています。肥満は糖尿病や循環器疾患などをひき起こし、医療費の高騰にもつな
がるため、治療法の開発が早急な課題となっています。  
我々の体内には大きく分けて2種類の脂肪細胞、すなわち白色脂肪細胞と褐色脂肪
細胞があります。・・・
 
「がん劇的寛解例に学べ」
和田洋巳からすま和田クリニック院長(BUNGEISHUJU 2016.6)こちら
アンチエイジングの新常識毛細血管ケアSPこちら

姿勢を良くする歩き方こちら

(短期間に)10Kg瘠せるのが良いかというと間違い
ガッテン:まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇
こちら  
  サイトポリシー