体温調節に使用する基礎代謝のエネルギーを消費するミトコンドリアダイエットです。2時間の比較実験で痩身差が20gもあり1年間で7.3㎏。基礎代謝が
夏より冬多い環境を衣服内に応用した健康グッズ「背中クールタイ」です。推奨は寒さを感じ安静時で2時間で散歩40分のカロリー消費と同じ効果
魔法の背中クールタイ

究極!着けるだけで脂肪をエネルギーに消費!!
ミトコンドリアとコラボして健康増進を
サポート!


人間が活動したり考えたり心臓を動かしたりできるのはエネルギーがあるからです。そのエネルギーを作っているのが褐色脂肪細胞の中に多い「ミトコンドリア」と呼ばれる細胞内小器官です。
「ミトコンドリア」が増えると基礎代謝が高め痩せやすい体質になる、スタミナがアップすると言われています。ミトコンドリアを増やす方法は「運動」と「身体に寒さ」と「空腹」でエネルギーが足りないと細胞に感じさせることです。「背中クールタイ」は
背中に風を入れることで「身体に寒さ」を感じミトコンドリアのチカラをサポートします。

体のしくみでダイエット 暑くなると冷ます


衣服内の温熱環境により体温調節を促し寒い環境では熱を産み暑い環境では熱を放出して体を冷まし役に立つ「背中クールタイ」です。

目次

1  基礎代謝のエネルギーを消費する効果的なダイエット

2 推奨は寒さを感じ安静時2時間で散歩40分の消費カロリーと同じ効果

3 熱い場所、活動をして暑くなると熱を逃がして爽やかに  


1 基礎代謝のエネルギーを消費する効果的なダイエット  



1日のエネルギー消費量の割合です。クマの冬眠のように何もしない安静時で使われる基礎代謝と身体活動量20%~30%、食事誘発体熱産生10%~20%のエネルギーで私たちは生きています。

☑ 運動で
費するエネルギーの順番です。


皆さんの運動で痩せようとして使われるのは身体活動量のエネルギーで摂取した食べ物の糖分(グりコーゲン)が優先的に消費され不足してようやく貯まっている脂肪が分解され消費されますのでなかなかダイエットは難しいですね。



運動開始後20分経過してから活発になり消費されます。本を正せば脂肪はエネルギーの不足時に備えた脂肪なのです。

円グラフで1日のエネルギー消費量で、運動で使用するエネルギーは身体活動量から優先的に使用され不足時に基礎代謝のエネルギーが使用されます。
 
 寒さを感じるとヒトは生命を守るのに体のヒーターに消費する

生命を守るのに基礎代謝のエネルギーを消費します。恒常性の体温調節に使用されるのは基礎代謝のエネルギーですので効果的なダイエットができます。

基礎代謝は夏より冬のほうが多いのは、体温調節で体熱を作るのに脂肪を体のヒーターに消費しているからです。この脂肪燃焼のメカニズムを生活に取り入れるのです。衣服内も快適温度があり、背中を寒い環境にすると脂肪を体のヒーターに消費することで基礎代謝を高めるダイエットが簡単に出来るのです。この時に働くのが褐色脂肪細胞の中に多いをミトコンドリアです。

☑ 褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を寒冷刺激するだけです。



脂肪には異種の細胞があります。
褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼して熱を産産する細胞です。
白色脂肪細胞は余分な脂肪をエネルギーとして蓄える中性脂肪です。




人は寒い環境下になると貯蓄脂肪を体のヒーターに消費するのが褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。寒冷刺激する方法は寒中水泳や冷水シャワーが言われてきましたが簡単にできる方法がありませんでした。
「背中クールタイ」は温かい格好で背中に冷気を入れ脂肪を燃焼する環境にすればダイエットが期待できます。
さらには熱・産生がミトコンドリアの増加と褐色脂肪細胞の増生をもたらします。



☑ ミトコンドリアをサポートしてダイエットする方法を比較

・運動 :身体活動量のエネルギーを使うからダイエットは期待できない
・寒い環境 :寒冷刺激するとすみやかに効果が期待できる。
・空腹 :1週間に1度のプチ断食。摂食障害に注意

運動に寒い環境を取り入れることでミトコンドリアが身体活動量と基礎代謝のエネルギーを使用することで健康的なダイエットが期待できます。

NHKの番組でも内容は同じです。
NHK
BS番組の今回のカラダ新常識どう増やす「褐色細胞」?寒冷刺激実験 !


参照 NHK
発見 !
“痩せる脂肪”の極意?の答えは「褐色脂肪」を寒冷刺激することでした。放送の内容は、背中クールタイと同じように脂肪を体のヒーターに変えているんですね。痩せたい人、ダイエットしたい人には参考になる番組内容でした。

らくらくダイエットも褐色細胞を寒冷刺激します。



ご覧ください!着けるだけで運動後に痩身差が確認できます。



2 推奨は寒さを感じ運動・日常の活動に30分、安静時2時間で散歩40分の消費カロリーと同じ効果

2時間デスクワークしながら背中クールタイを着けた時間と比較すると20gの痩身差が出ます。
20g×365日で7300g 1年間で7.3㎏です。礎代謝のエネルギーを消すると、METs3のウォ-キング40分相当のカロリー消費です。
運動・日常の活動に1日30分で基礎代謝のエネルギーと身体活動量のエネルギーを消費する効果で1カ月2㎏~5㎏(寒さにより変わる)のダイエットが効果的にできます。

簡単、らくらく、健康痩せダイエット、スタミナUP、メダボ対策、生活習慣病対策などのダイエットに、貯まっている中性脂肪をヒーターに消費する体の仕組、治癒力を応用したダイエット器具です。



3 熱い場所、活動をして暑くなると熱を逃がして爽やかに

ウォ-キングしたり日常の活動をして汗の悩みはありませんか?重ね着したり吸湿発熱系のシートテックなど活動時の汗の悩みが増えています。そんな時背中の熱溜まりを逃がしてあげれば汗が消え衣服が濡れにくくなります。 

熱を逃がして冷ますサラッと爽やか

着けるだけで汗の悩み、汗ばみ、黄ばみも解消します。

温暖環境での変化をサーモで見る
サーモグラフィーこもる熱を逃がす背中クールタイ
背中の熱溜りを背中クールタイを着けるとストレートに逃がし温度が下がります。恒常性の体温を下げようとする発汗の蒸発を速め冷ましてくれます。


褐色脂肪細胞寒冷刺激の動画サイトは上位独占


日経MJに取り上げられました。(熱中症対策に・・・・) 
日経MJ熱を逃がしクールに背中クールタイ





 全額返金保証をお付けします。

ダイエット冷ます1本で2役背中クールタイ



特定商法取引法に基づく表記はこちらです 
会社案内
お問い合せ
※当サイトに掲載されているすべての文章・画像の許可なく転載・転用することを禁じます。 
 このページのTOPへ    

脂肪の消費比較実験公開中!













同一運動をして背中クールタイを
着けた日と、着けない日の前後の
痩身差の比較です。
(着けた日は背00ℊで表示)





ダイエット話題発見問題口コミ背中クールタイ





くーらーのいらない生活背中クールタイ