「きつい」 「つらい」 思いをしないで、ながらダイエットはいつでもどこでも着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に消費します。
基礎代謝が冬の方が夏より多いのは寒く体の熱を作るからで、この理論を生かして基礎代謝を高めて痩せる環境を作る「背中クールタイ」
 
 
ミトコンドリアの権威者
太田教授と背中クール
タイ考案者佐藤重人
褐色脂肪細胞を寒冷刺激するとミトコンドリアが中性脂肪を熱に変えることはマウス実験で確立されています。
恒常性の体熱維持を応用する「背中クールタイ」は着けると褐色脂肪細胞とミトコンドリアを増やす“寒い環境”に頼れる「健康グッズ」です。 


ダイエットしたい!中性脂肪を減らしたい !
と、思った時に“着けるだけ"で脂肪を体の熱に変えるダイエットはもちろん、うれしいことにミトコンドリアのチカラで若返る効果も期待できます。

また、活動して、体が暑くて冷ました~い! と思った時にも“着けるだけ"で溜まった熱を逃がし爽やかにすることがゼロ円でできる便利な商品です。


目次

1.  着けるだけで脂肪をヒーターに消費するダイエット

2. 寒い環境にすると褐色脂肪細胞が脂肪をヒーターに

3. 運動で痩せないのは消費するエネルギーに順番があるから

4. 熱い場所、活動をして暑くなると熱を逃がして爽やかに  

5. まとめ


1.  着けるだけで脂肪をヒーターに消費するダイエット
 



いつでもどこでもだれでも・・・・・ながらダイエットはこんな場所で

通勤通学に吊革に摑まりながら :背筋を伸ばしてやっています。
運動・活動しながら :脂肪の減り方が半端じゃない。
ディスクワークしながら :褐色脂肪細胞を寒冷刺激してやってます。
講義・授業受けながら :背中がスースーして目も覚めます。
仕事・家事・買い物しながら、テレビ見ながら、いつでもどこでも出来ます。

・・・・・ながらダイエット出来るのは使うエネルギーが違うから



1日のエネルギー消費量の割合です。何もしない安静時で使われるエネルギーが基礎代謝です。運動・活動で使われるのが身体活動量20%~30%で食事で使われる食事誘発体熱産生10%~20%のエネルギーで私たちは生きています。

「背中クールタイ」はこの基礎代謝のエネルギーを“寒い環境”にして脂肪をヒーターに消費します。
   日本では放射冷却現象は天気予報で耳にしますが、ヒトの体も放射していますので熱を逃がせば放射冷却現象で温度は下がります。賢く利用すれば褐色脂肪細胞のある部位を寒冷刺激することが出来るのです。

早速試しました。するとどうでしょう 1ヶ月に2㎏~3㎏も

2時間デスクワークしながら背中クールタイを着けた時間とを比較すると20gの痩身差が出ます。
20g×365日で7300g 1年間で7.3㎏です。礎代謝のエネルギーを消すると、METs3のウォ-キング40分相当のカロリー消費です。スゴイ結果です。
運動・日常の活動にも背中クールタイを1日30分着けるだけで1ヶ月2㎏~3㎏(寒さにより変わる)ものダイエットが効果的にできます。

2. 寒い環境にすると褐色脂肪細胞が脂肪をヒーターに
 

 寒さを感じるとヒトは生命を守るのに体のヒーターに消費する

ヒトは寒さを感じると生命を守るのに基礎代謝のエネルギーを消費します。寒さを負荷して体温調節で使用すれば効果的なダイエットができることになりますね。

基礎代謝は夏より冬のほうが多いのは、寒いから体温調節で体熱を作るのに脂肪を体のヒーターに消費しているからです。この脂肪燃焼のメカニズムを生活に取り入れるのです。衣服内にも快適温度があり、背中を寒い環境にすると脂肪を体のヒーターに消費することでダイエットが簡単に出来るのです。この時に働くのが褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアです。

☑ 褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を寒冷刺激する方法としくみです。

脂肪には異種の細胞があります。
褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼して熱を産産する細胞です。
白色脂肪細胞は余分な脂肪をエネルギーとして蓄える中性脂肪です。




褐色脂肪細胞が寒さを感じると交感神経がノルアドレナリンを分泌して白色脂肪細胞(中性脂肪)を分解して褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアが熱を産み体のヒーターに消費します。


北欧、ロシア、シベリアなどでは強さをひきだすのに寒中水泳、水浴びをしています。
寒冷
刺激する方法は寒中水泳や冷水シャワーが言われてきましたが簡単にできる方法がありませんでした。
「背中クールタイ」は温かい格好で背中の熱を逃がせば脂肪を燃焼する環境になりダイエットが期待できます。さらにミトコンドリアの増加と褐色脂肪細胞が活性化されます。


☑ NHKでも同じ内容の番組を
NHK
BS番組の今回のカラダ新常識どう増やす「褐色細胞」?寒冷刺激実験 !


参照 NHK

発見!
“痩せる脂肪”の極意?の答えは「褐色細胞」を寒冷刺激することでした。放送の内容は、背中クールタイと同じように脂肪を体のヒーターに変えていました。痩せたい人、ダイエットしたい人には参考になる番組でした。


3. 運動で痩せないのは消費するエネルギーに順番があるから

キツイ運動で痩せないのは消費するエネルギーには順番がある



運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで摂取した食べ物の糖分(グりコーゲン)が優先的に消費され、脂肪が消費されるのは運動開始後20分経過してからです。本を正せば脂肪はエネルギーの不足時に備えた脂肪なのです。

寒い環境にすると基礎代謝のエネルギーを使いますので即脂肪をヒーターに消費する。

運動・日常の活動にも背中クールタイを1日30分着けるだけで基礎代謝のエネルギーと身体活動量のエネルギーを消費する効果で1ヶ月2㎏~3㎏(寒さにより変わる)のダイエットが効果的にできます。


運動に寒い環境を取り入れることで基礎代謝のエネルギーと身体活動量のエネルギーを使いW効果で健康的なダイエットが期待できます。

4. 熱い場所、活動をして暑くなると熱を逃がして爽やかに

テレビ東京【トレたま】で紹介                 


ウォ-キングしたり日常の活動をして汗の悩みはありませんか?重ね着したり吸湿発熱系のヒートテックなど活動時の汗の悩みが増えています。そんな時背中の熱溜まりを逃がしてあげれば汗が消え衣服が濡れにくくなります。 

着けるだけで汗の悩み、汗ばみ、黄ばみも解消します。

温暖環境での変化をサーモで見る
サーモグラフィーこもる熱を逃がす背中クールタイ

背中の熱溜りを背中クールタイを着けるとストレートに逃がし温度が下がります。恒常性の体温を下げようとする発汗の蒸発を速め冷ましてくれます。

褐色脂肪細胞寒冷刺激の動画サイトは上位独占



日経MJに取り上げられました。(熱中症対策に・・・・) 
日経MJ熱を逃がしクールに背中クールタイ





5. まとめ


ながらダイエット、スタミナUP、メダボ対策、生活習慣病対策などに貯まっている中性脂肪をヒーターに消費する体の仕組、治癒力を応用したダイエット器具です。
衣服内の温熱環境により体温調節を促し皆様のお役に立つ「背中クールタイ」です。


 全額返金保証をお付けします。



特定商法取引法に基づく表記はこちらです 
会社案内
お問い合せ
※当サイトに掲載されているすべての文章・画像の許可なく転載・転用することを禁じます。 
 このページのTOPへ    


脂肪の消費比較実験公開中!













同一運動をして背中クールタイを
着けた日と、着けない日の前後の
痩身差の比較です。
(着けた日は背00ℊで表示)


基礎代謝2時間の痩身差▶



ダイエット話題発見問題口コミ背中クールタイ





くーらーのいらない生活背中クールタイ