本文へスキップ

暑さ対策、熱中症対策に、又脂肪を体のヒーターに変える「背中クールタイ」を専門として健康、美容の維持、向上が期待できるショップです。







“空気を着て”爽やかな毎日へ
気流を生む第3の下着魔法の背中クールタイは着けるだけで体を冷まし、ある時はダイエットが期待できる1本で2度役に立つ開発商品です。

みとこんボディへようこそ。
襟元と背中に空気の出入りする路を開けたことで熱を逃がし放射冷却で冷ます。また寒い環境にすると痩せる?褐色細胞に多いミトコンドリアを寒冷刺激することでダイエットが期待できる開発商品を専門とするショップです。


YorTubeをご覧ください。
えっ?日本初!!体熱を逃がして冷ます日本初暑さ対策グッズ。新登場!(41秒)

1秒間に5〜10cmの熱を放出してます(画像内)

目次
1,放射冷却で体を冷まします。
2,健康 美容 増進 人は寒いと脂肪を体の
ヒーターにする


1,放射冷却で体を冷まします

暑い時こそこもる熱を逃がすと快適
背中クールタイと吸水速乾の衣服と比較
テレビ東京【トレたま】で紹介
サーモグラフィーでも照明
37℃猛暑での実験
ここがポイント

暑い時こそこもる熱を逃がすと快適に

体温調節は放熱(赤外線)60%、汗の気化熱20%伝導20%、で調整します。そのこもる熱溜まりを煙突効果で放出して冷ましてくれ役に立ちます。



“着けるだけ ! で体の仕組みで冷まします。

・背中クールタイと吸水速乾の衣服と比較



信じられません
吸汗速乾の衣服より、インナーより爽やかになるなんて !


汗の掻く部位は頭、額から始まり、背中汗の量は背中が多いんですね(個人差有)汗は体温調節の冷却機能ですのでいい汗を掻き逃がしましょう。熱溜まりを作らないで早く逃がせば爽やかになります。

・テレビ東京【トレたま】で紹介

背中の熱を逃がすシーンをドイツ製の風速計で襟元から放出する風速を測定、スマホで表示されるのをWBS テレビ東京 【トレた ま 】に。紹介されました。

背中の熱気をファッ〜と 1秒間に5cmを放出

あつ〜い熱を早く逃がすと汗の悩みも解消されます。
熱を出すと汗の気化を速め体温調節でより爽やかになります。

・サーモグラフィーでも照明
 


サーモグラフィーは放射される赤外線の分析を見ることができ、汗の多い背中の熱を逃がした効果がハッキリ分かりますね。その結果が衣服も濡れないで爽やかなのが分かります !

・37℃猛暑の中での実験

37℃の猛暑でも汗の「冷却機能」を最大限引き出しているのが背中の湿度でわかります。背中から汗で濡れるのが一般的ですが濡れないので気化を促し冷まします。


37℃
の猛暑の中での散歩です。
グラフを見てどうでしょう?
背中の熱を逃がすので不思議と衣服は濡れません。ビックリです。
運動をはじめ25分過ぎごろ運動による体温が上がり、やっと手と顔から汗が出てきました。それでも煙突効果で熱を排出し続けて冷ましているので爽やか。グラフの湿度で読みとれます。体の仕組みに感謝です。


・ここがポイント


背中クールタイは着けるだけ
冷却グッズ、クーラーの冷やし過ぎなどの涼感の一時しのぎとは違い、体の仕組みを促して自然に冷まします。保冷剤も水も電気も使いません。
クールビズグッズ、熱中症対策にご利用ください。


2,健康 美容 増進 人は寒いと脂肪を体のヒーターにする

ヒトは寒冷環境では脂肪から体のヒーター
寒冷刺激で脂肪を分解する体の仕組み
脂肪を分解する方法は
サーモグラフィーで見る
背中に不思議発見 !
褐色脂肪細胞参考資料

・ヒトは寒冷環境では脂肪を体のヒーターに変えます。
NHKBS番組今回はカラダの新常識


出典 NHK
発見 !“痩せる脂肪”の極意?の答えは寒冷刺激でした。背中クールタイと同じように脂肪を体のヒーターになる仕組みでした。
背中クールタイは“背中に風を入れます。
背中の熱を逃がすと放射冷却で冷まします。
電気保温ポットで放射冷却の実験」

電気保温ポットは(30W)保温しています
ヒトの体温は(基礎代謝)恒常性の維持です
電気保温ポットのふたを開け放射冷却すると650Wの電気でわかしますね
ヒトの背中を開け放射冷却すると
脂肪を体のヒーターに変える


このように寒い環境にすることで恒常性の体熱維持で脂肪をヒーターに変えるので、ダイエットに期待できます。


・寒冷刺激で脂肪を分解する体の仕組み



脂肪を体のヒーターになる体の仕組みです。
寒いと感じると→交感神経が指令→熱を作れ→貯蓄脂肪を分解→ミトコンドリアが燃焼工場になり熱を産生します。

・脂肪を分解する方法は



・サーモグラフィーで見る



背中の冷気が褐色脂肪細胞を寒冷刺激しているサーモグラフィー

褐色脂肪は体のヒーターに変えるので体の仕組みでダイエットに役に立ちます


・背中に不思議発見 !

寒さを感じさせ体温調節を味方に消費エネルギーを増やす事です。
大事なことは
ダイエットという本来の目的を計る背中クールタイは“寒い季節”“夏の大型エアコンの空間”で日常の活動・運動の開始から30〜40分です。
体が温まってしまうと体温調節で放熱モードになりますので良い脂肪はヒーターになりません。
静止状態では負荷があり薦めておりません


・褐色脂肪細胞参考資料

写真は褐色脂肪細胞に多いミトコンドリアの権威者日本医科大学の太田教授と私佐藤です。教授の若返りの鍵を握るポイントの理論、寒さを感じさせるのをヒントに製品化した「背中クールタイ」を報告させて頂きました。



オーストラリアからは


10〜15分の震える寒さを体感すると1時間分のエクササイズをしたのと同じ効果があることをシドニー大学のポール・リー先生が学会に発表しています。

 「肌が見える方が冬太りしにくい」
が実証されたアメリカからの研究報告


2011年の番組に痩せるヒントがあったのに?
やっと今開化!進化して
脂肪を減らす方法を発見!番組の最後に背中を
冷やすものが売っているのか?
さんまさんが・・・「売ってる売ってる」
ブラックマヨネーズさんが・・・「売ってないは。
そんなもん」
そんなもんが今は製品化して販売中です。
「背中クールタイ」です。

基礎代謝は夏より冬の方が寒いから消費カロリーが多いのも一致しますね。
アメリカからはホンマ!でっか?の番組で
“少し肌が見える方が冬太りにくいの報告が
報道されていました。

お客様の声





安心! 安全! 簡単! 安い! 即実感!

恒常性の体熱維持を図る商品ですので安心してお使い頂けます。

 全額返金保証をお付けします.