NHKためしてガッテン若返る本当のスタミナUP 褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを寒冷刺激して
スタミナUP、甦る方法は魔法の「背中クールタイ」でミトコンドリアを増やす。

魔法の背中クールタイダイエット革命

 


~ミトコンドリアを増やす方法は? ~

若返りの鍵を握るミトコンドリア

褐色脂肪細胞に多いミトコンドリアを増やす方法は?
ややきつめの有酸素運動 ☆寒さを感じる ☆週末のプチ断食

ダイエットに最新情報! ミトコンドリアは寒さを感じる脂肪燃焼工場に!!


 NHK ためしてガッテン 若返る!本当のスタミナUP法をまとめると


最近疲れやすい しんどい
何しても持続しない めんどうだ
スタミナ不足で年齢を感じるなどなどありますね。

スタミナをつけるのはスタミナ料理は?
ニンニク レバ 肉? それとも?

有りました。スタミナ料理ではありません。
スタミナをつけるのは無数にあるミトコンドリアを増やす方法です。

ミトコンドリアは細胞の中にある真核生物の細胞小器官です。

細胞は2重の膜、細胞膜は液状で、細胞膜とミトコンドリアで構成されています。

ミトコンドリアを増やすとスタミナがつき長生きできるそうです。
どんな方法か?見ていきましょう。

こんな方法があるんですね。ホントに
疲れやすい体が体のしくみで若返るそうです。
ミトコンドリアを増やすのは運動方法にありました。

エッ?
1万歩、ただ歩くだけではミトコンドリアは増やせない?
だから、血圧も持久力もさほどUPしない。

ミトコンドリアの少ないマウスと多いマウスで比較すると

少ないマウスはスタミナ不足でダウンもう限界。
持久力も違いますね。(写真左下にミトコンドリアの映像で差が)

ヒトもミトコンドリアで数の差が。少ないヒトはかわいそう

ミトコンドリアの数が少ないと持久力もなくなりやる気もなくなる。

ミトコンドリアくんの登場です。知らなかった方も多いと思います。

ミトコンドリアはエネルギーをつくっています。

摂取した食べ物脂肪、糖質、タンパク質と酸素を取り込みます。

取り込んだ脂肪、糖質、タンパク質、酸素はATPに変わり

ATPは1日50Kg位作られエネルギーとして消費されます。
ミトコンドリアは発電所の様ですね。

ATPエネルギーは脳、心臓、筋肉などの機能に消費されます。
まとめると下図のようになります。普通の細胞でご覧ください。
基礎代謝のエネルギー消費を分かり易く解説しています。
褐色脂肪細胞の寒冷刺激が分かりやすい説明図
ミトコンドリアは異質の褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞(肥満質)の中にあり
ためしてガッテンでは普通の細胞の内容です。

もっとすごい! 脂肪を燃やす効果のある方法は下記で説明します。
寒い時の褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアです。

ミトコンドリアを増やす方法は体をこんな環境にすること

ミトコンドリアが多い人を少ないまみちゃんが追い越し"しんどかつた"
"一週間ぶりの運動をした"と感想を述べました。
このような時にスイッチオンになりミトコンドリアが増えていきます。

普通の歩きではダメ!
インターバル早歩き3分普通の歩き3分で増える効果が出ています。
たった1分でも効果的
運動に負荷すると血圧が下がり持久力もUPするようです。
ミトコンドリアの執念ですね。
太田教授の登場です。

ミトコンドリアはエネルギーが足りないと感じた時に増える。

ミトコンドリアを増やすのは仕組みが働きます。

早歩きでATPが不足するとスイッチがオンになり
ミトコンドリアが増えしばらく続きます。
継続は力ですね。

少ししんどいと感じる運動を負荷する内容で
ややきつめの有酸素運動でした。
出典 ためしてガッテン 若返る!本当のスタミナUP法
 
もっとすごい! 脂肪を熱に変え消費する方法
 ☆寒さを感じる

ダイエットするのに

運動は嫌い  めんどう  サプリも ダイエットもいろいろ試したけど 

 ミトコンドリア次第です。

簡単に脂肪を熱に変え消費するダイエットする方法です。


寒さを感じると脂肪から熱を産み始めます。



若返りの鍵を握るミトコンドリア4つのポイント 

 寒さを感じる方法を発見
 偶然「背中クールタイ」の実験中に発見しました。 
 第3の下着体温調節ダイエット

やや強めの有酸素運動にも
最初から脂肪を燃やす効果が
  

寒さを感じるとヒトは命を守る為に摂取した糖質、タンパク質、脂質より
溜まっている脂肪を優先的にかつ迅速に熱に変え消費します。
背中に寒さを感じさせるだけで即脂肪から熱を産み始めます
参考文献 寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター


細胞の中の小器官「ミトコンドリア」を増やす極意を伝授
太りにくく 生命の根源
太田成男教授
(日本医科大学大学院医学研究科)
に魔法の「背中クールタイ」を
実践している私と商品を見て頂きました。
写真は褐色脂肪細胞に多いミトコンドリアの権威者日本医科大学の太田教授と佐藤です。
教授の若返りの鍵を握るエビデンスの1つ“寒さを感じさせる”をヒントに製品化した「背中
クールタイ」で5kg痩せて膝の痛みも解消した効果を報告させて頂きました。今でも実践中!


太田教授と佐藤
ミトコンドリアが増やす4つの方法
ややきつめの有酸素運動・・・・しんどいがスイッチオンして増える
寒さを感じる・・・ミトコンドリアを寒冷刺激すると
最初から脂肪を熱に変え消費する
背筋を伸ばす、・・・着けると姿勢がよくなる
週末のプチ断食・・・・・・・・・
の教授の教えをヒントに
私が考案した「背中クールタイ」で実践した効果を
説明をしてミトコンドリアを増やすのに役に立つ話をさせて頂きました。
「簡単な器具ですね」」と言われました。が、ビジネスの
お役に立てればということで記念写真を撮らせて頂きました。


寒冷環境にする商品は他にはありません
「背中クールタイ」のように容易に寒冷刺激する方法は他にはありません。

溜まっている白色脂肪細胞を分解して優先的に体熱に変える燃焼工場に。 

寒さを感じ熱を産生するのに白色脂肪細胞を脂肪分解する褐色脂肪細胞に
多く含まれている
ミトコンドリア
ともう一つのミトコンドリアがあります。

筋肉細胞の
ミトコンドリア
は摂取した三大栄養素、糖質、タンパク質、脂質を
解糖系を経由してATP(生体エレルギー)とエネルギーに変えます。
少しきつめの運動を負荷して若返ります。スタミナがUP
さらに背中クールタイを着け ☆寒さを負荷することで
褐色細胞細胞のミトコンドリアは同じようにATPエネルギーに変えますが、
寒さを感じると優先的に貯まる性質の脂肪を分解してを発生させ体を温めます


脂肪を落す正しい姿勢
姿勢の悪い方は最初抵抗があるかもしれませんが
良い姿勢に保つために背筋を伸ばして下さい。
今迄に無かったミトコンドリアの増やし方です。
ミトコンドリアを増やしてスタミナUP、脂肪消費して痩せやすい体質になります。
いつもの散歩(運動)に、家事仕事に、買い物、通勤・通学に、
着けた人は恒常性維持の体温調節を促します(^-^)

















消費カロリー比較実験中













背中クールタイを着けた日は
背00gで表示しています
 特定商法取引法に基づく表記はこちらです
※当サイトに掲載されているすべての文章・画像の許可なく転載・転用することを禁じます。