褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化すれば医療費は10兆円減る。「背中クールタイ」は衣服内で寒冷刺激ができ脂肪燃焼が簡単にできます。  
日本初!     ホメオスタシスを促進する   魔法の背中クールタイダイエット革命 
健康寿命をのばしましよう。   厚生労働省が実施する健康寿命を延ばすことを目的としたスマート・ライフ・プロジェクトに参加しています。 
開発商品です 背中に発見! 着けるだけで褐色脂肪細胞を活性化すると思うとワクワクします。 
 
T O P
気化熱を促し冷す
褐色脂肪細胞を活
ミトコンドリア若返
ダイエットについて
生活習慣病予防に
居眠り防止に
ぴんころ小僧グッズ
グラフで見える化
会社案内
商品説明
よくあるご質問
お問合せ
購入のお申込み
背中クールタイ メールセミ
ナーのお申し込みはこちら


 世界でたった一つの背中クールタイ

「背中クールタイ」
2,980円(税別)

熱kyタイ商品価格800円(税別) 
ネックタイ
800円(税別) 

 ご注文はこちら 
 


 

褐色脂肪細胞を寒冷刺激するダイエットが動画で見られます。youtube 
 褐色脂肪細胞を寒冷刺激す方法が発見された動画です。


 寒さで消費カロリーが違う?脂肪を燃やすから
 
10分~15分の震える寒さを感じると1時間のエキササイズと消費カロリーが同じ
効果があることをシドニー大学のポール・リー先生が発表されました。
 

このように疫学研究の成果はは先進国アメリカをはじめ海外から入ってきます。

 通気を考えました。

背中クールタイを着けて、寒い環境下で同一運動で比較実験
をして痩身差があると言うことは“論より証拠”です。
脂肪を熱に変えたと思うのは当然ではないでしょうか。


        写真は背中クールタイの心臓部です。

 
 脂肪を燃やす心臓部背中クールタイ

 褐色脂肪細胞を活性化する方法を発見!

褐色脂肪細胞とは

私たちの体は37.2兆個の細胞でできていると言われています。細胞が生きていくには
エネルギーが必要です。摂取した食べ物をATPに変えエネルギーに変え熱をつくり
だす褐色脂肪細胞や貯める性質の白色脂肪細胞があり働いています。
褐色脂肪細胞のミトコンドリアは寒さを感じると白色脂肪細胞を燃焼して熱を産みます。
解り易く言えば、体が暑くなればなるほど比例して汗を掻きます。真逆に体が冷えれば
冷えるほど目には見えませんが脂肪をメラメラ燃やして熱を産生します。恒常性です。

寒褐色脂肪細胞を活性化する寒冷刺激する方法について

寒さを感じると交感神経を介して脂肪を燃やす褐色脂肪細胞のある部位は、
首の廻り、肩甲骨の廻り、腋の下に心臓、腎臓の廻りです。
体の主要部は恒常性の体熱調節でガードされているからこそ寒い時は熱を
必要とするのでしょう。寒冷刺激と言えば寒中水泳、冷水シャワー、冷たいペットボトルを
体につける、冷水を足にかけるなどが言われています。
気がつかなかった背中で褐色脂肪細胞と背中クールタイが偶然に出会い
発見されたのです。

暖かい格好で活性化する比較実験の一例

温かい格好で寒冷刺激する方法と前腕・下腿を露出して寒冷刺激しての比較実験
寒冷刺激する体の部位

ヒトの体は恒常性で頭・胴体の体温は37℃で維持される仕組みになっている。
異なる部位に寒冷刺激しての比較実験です。
背中クールタイの出現で寒い環境空間ができ衣服内気候の改革できる。
褐色脂肪細胞寒冷刺激比較グラフ」

背中を寒冷環境にすることでつめたい思いをしないで脂肪を燃焼することがわかる比較グラフです。

これから寒冷刺激と言えば「背中クールタイ」です。

衣服を着て背中に寒さを感じさせ褐色脂肪細胞を活性化ができます。
軽い運動、日常の活動を始めてから30分間(体が温まるまで)がお勧めです。
 冷気を入れた実験は学者の論文と合致します。
褐色脂肪細胞を活性化する寒冷刺激を背中クールタイが実践
 
 脂肪を落す背中クールタイと褐色脂肪細胞   簡単に痩せたいダイエット背中クールタイのサーモグラフィー
褐色脂肪細胞のある部位 脊髄の廻り
PET/CTウィキペディア参照
 背中に入った冷気の変化を見たサーモグラフィー
人体比較実験で痩身差を確認しているブログ
褐色脂肪細胞のある部位と背中クールタイが偶然に一致!
数多い比較実験から痩身差が確認された一例です。
 
 

例えば28年3月に京都大学研究グループのマウスでの研究で4℃から交感神経の
活動の活性化とつながります。と学会に発表されました。実験データを照らし合わせると

月の痩身差の平均値の記録と月平均の外気温度を合わせて見ました。

 27年  01月  126.7g  5回  4.1℃
 27年  02月 162.7g      6回 3.9℃ 
 27年  03月  48.21g   11回 8.5℃
 27年  11月  54.1g   7回   12.3℃
 27年  12月  87.5g  8回  7.2℃
 28年  01月  92.8g   14回   4.0℃

40分間、寒さを負荷した人の痩身差は背中に冷気が入るので外気温度に
影響され寒いほど痩身差が謙虚に表れています。学会に発表された研究の
交感神経の活性化と重なり目から鱗です。
同じ運動をして背中クールタイを着けない人より着けた人が
MAX162kgの痩身差
がありました。
背中に冷気を入れることで交感神経を介して白色脂肪を燃焼して
熱を産生しての結果だと推察しています。
火の無い所に煙は立たない
背中クールタイの数多い実験データはホームページ、ブログで紹介しています。
 
褐色脂肪細胞の研究は某大学でマウス等で実験中!

ミトコンドリアに興味があり比較実験の最初のヒントは
体温調節の神経回路でした。
中村和弘教授参照(京都大学→名古屋大学)

ヒトを含めた哺乳動物(恒温動物)では、体温を一定に保つために、体内から環境中へ
の熱の放散を調節し、必要な時には体内で積極的に熱を産生する。・・・

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
京都大学・生理学研究所リリースより

脂肪細胞には、いわゆる皮下脂肪や内臓脂肪などの白色脂肪細胞用語1と、褐色脂肪
細胞用語2の2種類が存在します。この2つの脂肪細胞は、同じ脂肪であるにも関わらず
、まるで対照的な特徴を持っています。
 白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。特に寒い環境下では、交感神経用語3
の活動が高まるにつれて褐色脂肪細胞が活性化し、体温が下がりすぎないよう熱を
産生します。・・・

脂肪細胞の分化メカニズム
筑波大学大学院遺伝子制御学研究室 

近年、欧米諸国を中心に肥満が社会問題となっており、日本でも肥満者の割合が年々
増えています。肥満は糖尿病や循環器疾患などをひき起こし、医療費の高騰にもつな
がるため、治療法の開発が早急な課題となっています。  
我々の体内には大きく分けて2種類の脂肪細胞、すなわち白色脂肪細胞と褐色脂肪
細胞があります。・・・

褐色脂肪組織でのエネルギー 消費と食品成分による活性化
斉藤昌之著書の化学と生物の終わりにより
成人にも褐色脂肪が存在することが見いだされ,エネルギー消費や体脂肪調節に
おける役割も明らかになった.
背中クールタイは褐色脂肪細胞を寒冷刺激をして脂肪を燃焼します。

残念ながら背中クールタイのように襟元から冷気を入れる商品は他にはありません。
貯まる性質の脂肪を燃やして基礎代謝を上げたい人、ダイエットしたい人、
治癒力を高めたい人にお薦めです。


 冷気を入れ運動すれば医療費は10兆減る。
機能性背中クールタイでダイエット 
お悩みも 着けるだけでお役に立ちます。

軽い運動の汗対策に  
若返る体質に 
ダイエットに
生活習慣病予防に 
低体温体質の改善に

 簡単! 安い! 即実感! 
  ご注文はこちらから 
   
   
   
特定商法取引法に基づく表記はこちらです 背中クールタイロゴ 
 ※当サイトに掲載されているすべての文章・画像の許可なく転載・転用することを禁じます。
 このページのTOPへ