すみやかに脂肪をもやす画期的な寒冷刺激ダイエット褐色脂肪細胞「背中クールタイ」のまとめ。 背中クールタイ研究室   
 
 恒常性の体熱調整で交感神経が反応して脂肪燃焼します。


 T O P
脂肪を燃やす画期的な 寒冷刺激ダイエット
基礎代謝を高め 痩せやすい体質に
「背中クールタイ」と 褐色脂肪細胞の出会い
参考文献と 魔法の「背中クールタイ」
比較実験グラフを公開 痩せるのが見える
褐色脂肪細胞を 増やす方法
 


責任者 佐藤重人

夏、エアコンに頼らない
爽やかで健康な家づくり
をしております。
健康な体づくりを目的
ではじめた軽い運動
をしていて背中の汗で
悩みました。散歩中に
何とかしようと考え始め
爽やかになる工法を
ヒントに背中クールタイ
を作りました。汗の悩み
を解消して偶然に背中
にある褐色脂肪細胞と
出合い脂肪を燃焼する
ことも確認しております。
 
脂肪を燃やす画期的な寒冷刺激ダイエット

体の仕組みで速やかに熱を産生します

ダイエット情報はいろいろあります。
健康的に、体のしくみを利用して「即、痩せられる」ダイエット方法を偶然に発見して
しまいました。
背中クールタイ(襟元から背中に垂らした柔らかい管)と背中にある褐色脂肪細胞の
ある部位とが偶然に重なり寒い日に背中に冷気を入れて試してみたら脂肪を燃やして
くれたことを痩身差で確認したのです。目から鱗でした。
動物は毛で覆われて保温しています。ヒトも衣服で覆い保温されています。
そのような温かい背中に冷気が入るのですから交感神経も黙ってはいません。

このような急激な変化に瞬時に応答し生命を守るしくみがあります。中枢で寒さを感知し、
ノルアドレナリンというホルモンが分泌されて、熱産生を専門に行う 褐色脂肪細胞の
ミトコンドリアは寒さを感じると白色脂肪細胞の脂肪は分解された遊離脂肪酸を燃焼して
速やかに熱が産生され、低体温になるのを防ぎます。
参考文献 寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター


交感神経の活性化から熱を産するために数分の速さで対応できる仕組みです。

このように寒さに反応して速やかに熱を産生するということは脂肪を燃やすことに
つながります。
一手に担うのは褐色脂肪細胞を寒冷刺激してのダイエットです。


参考文献 寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が
必須を参考にした図

自然に痩せられるって?
着けてすみやかに脂肪を燃やし始めます。
熱を産むのに脂肪(1ヶ月約2Kg)を燃やす仕組みです。
解り易く言えば、夏に体が暑くなればなるほど比例して汗を掻くように、真逆に体が
冷えれば冷えるほど目には見えませんが脂肪を恒常性の体熱調整でメラメラ燃やして
熱を産生します。



基礎代謝が“冬のが夏より多い”のは脂肪を燃やしているからです。

基礎代謝とは、体を動かさなくても細胞がカロリーを消費してくれることで、
1日に消費されるカロリーの60%~70%は基礎代謝で消費されています。
体を動かさなくてもカロリーを消費する基礎代謝が夏より冬のほうが消費カロリーが
1割(1日お米約1合)高いのは恒常性の体熱調整で熱を作る為にです。

一日の運動・活動に“寒さを負荷する”と脂肪を燃やすのが多くなります。

衣服の中は温度が安定しているので30分間の散歩でも背中に冷気を入れることで
体を温めようと熱を作るのに脂肪を燃やして(1日お米約1合)くれます。

このように体の仕組みを利用して恒常性に寒さを負荷して交感神経を反応させ体熱
調節することで脂肪を燃やして体重を減らす方法を発見したのです。

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞
私たちの体は37.2兆個の細胞でできていると言われています。細胞が生きていくには
エネルギーが必要です。摂取した食べ物をATPに変えエレルギーに変えたり熱をつくり
だす褐色脂肪細胞や貯める性質の白色脂肪細胞があり働いています。

発見した寒褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法について
寒さを感じると交感神経を介して脂肪を燃やす褐色脂肪細胞のある部位は、首の廻り、
肩甲骨の廻り、腋の下に心臓、腎臓の廻りです。
体の主要部は恒常性の体熱調節で守られており寒い時は熱を作っているのです。

寒冷刺激と言えば
寒中水泳、冷水シャワー、冷たいペットボトルを体につける、冷水を足にかける
などが言われています。
これからは背中クールタイが背中に寒さを感じさせ脂肪を速やかに燃やします。

痒い時に孫の手は便利です。
背中クールタイも1本あれば重宝です。
健康家族には欠かせない健康グッズです。

  サイトポリシー